脱毛は服薬中でもできるのか

脱毛をしたいと思っていても、持病があったり怪我をしていて服薬中だからできるのかどうか気になるということもあるのではないでしょうか。

突発的に風邪を引いて市販薬を飲んでしまってどうしたらいいのか分からなくなることもあるかもしれません。

ほとんどのサロンでは服薬中の人は施術を断ります

多くのサロンやクリニックでは、服薬中の人に対しては施術を断られてしまうことが殆どです。ホームページなどを見ていて記載がなかったとしても、実際にカウンセリングに出かけて聞いてみたらできないと言われてしまうこともあります。

これはなぜかと言うと、薬を飲んでいる状態ということは普段の健康な状態より非常に体がデリケートになっています。

施術自体はできても、どんな肌トラブルが起きるのかも分からないためにこうなってしまうのです。一般的な便秘や花粉症、と言ったような定番の薬ではそれほど問題ないとはされているのですが、薬に含まれている成分によっては光に対して過敏に反応が出ることもあります。

トラブルにならないように事前に隠さず全部話しましょう

脱毛の施術はサロンもクリニックでも機器を用いて光を当てて施術を行いますから、自己判断で飲んでも大丈夫と思わないようにしたいものです。

薬を飲んでいても脱毛をしたいと思うのであれば、主治医に相談することも大切ですし、カウンセリングの時にも隠さず全部話すようにしましょう。そうでないと、いざ施術の時に何かトラブルがあっても対処できないこともあります。

体を守りながら無駄毛をなくすには、しっかりと事前の話し合いが大切です。

カウンセリングに親切な立川の脱毛サロンを今すぐチェック

エステとクリニックでの脱毛の違い

エステとクリニックでの脱毛の違いとして、採用をしているマシンが異なります。基本となる仕組みは同じですが、採用しているマシンが異なること、出力が大きく違う点があるので、結果も大きく違うと言えます。

サロンの方は光を使うマシンを導入していて、取り扱いには資格は必要がありません。誰でも使うことができるマシンですが、刺激が少ないので痛みも少なく、リラックスしてのお手入れができるので、気楽な減毛の施術を受けることができます。

医療レーザーは医師のみができる施術方法

医療機関では医療レーザーのマシンを導入しているので、取り扱いは医療資格を持っている人間だけです。ドクターか看護師のみが、医療用のマシンを使うことが出来るので、特別な施術でもあります。医療機器ですからパワーは強く、刺激は強くなるものの、結果もわかりやすいのが医療レーザーの方です。

痛みに関しては最新のマシンともなると、最初から冷却装置搭載の機器も登場していますので、かなり痛みは軽減されることになります。

エステ脱毛は価格も安く、痛みが少ないのが魅力的

結果としては違いが大きく、エステサロンの方は減毛です。つまり終わりが来ても、数年したらまた毛が再生する可能性はあります。

最初のような毛量になることはまずないですが、細い弱い毛が生える可能性はあります。それでもエステ脱毛は費用もリーズナブルで、痛みも少ないお手入れができるのは魅力です。

クリニックは減毛ではなく、完了迎えたら本当に終わりになる、永久脱毛の効果がありますので、結果重視の人にはぴったりだと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする